日本文化の考察

葬儀での服装マナー

第一印象は服装で決まることがあります。ご葬儀では特に、しきたりやマナーが求められますよね。

男性の着用すべき服はダークやブラックで光沢の無いスーツに中は白い無地のものを着用するのが一般的です。和装は正喪服になるため喪主などの故人様のご家族になります。

女性の場合、ワンピースやアンサンブル、スーツ、どれも準喪服となります。肌の露出が少ないものを選び、また、スカートの場合は黒のストッキングを着用しましょう。

他にアクセサリーなどはあまり派手にならないようにし、女性の場合は香水は避けるようにしましょう。

葬儀とは日常生活とは全く異なる場です。通常問題のない服装、マナーのまま参列してしまうと常識知らずと判断され恥をかくばかりか故人に対しても失礼に当たります。葬儀に参列したことのない方、マナー等に不安を感じる方は葬儀社に確認、相談し対応するようにしましょう。このような場合、小さな葬儀にも対応している葬儀社の方が細かく親切に教えてくれるケースが多いです。

いざというときに困らないよう調べるなり聞くなり前もって準備をしておくことが何事も重要です。

This entry was posted on 水曜日, 4月 5th, 2017 at 1:46 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.