日本文化の考察

葬儀での服装マナー(こども編)

コメントは受け付けていません。

5月 1st, 2017 Posted 5:24 PM

葬儀でのこどもの服装は、年齢、男女問わず、学校の制服が」あればそれが礼服となります。

しかし、大学生または、成人に達した場合は大人と同様になります。

もし制服がない場合は、白いシャツやブラウスに黒か紺、グレーなどの地味な色のズボンやスカートを選びましょう。

金や銀などのボタンがついたブレザーやベストは避け、髪留めや髪飾りはつけないように気をつけましょう。

Posted in 未分類

葬儀での服装マナー

コメントは受け付けていません。

4月 5th, 2017 Posted 1:46 PM

第一印象は服装で決まることがあります。ご葬儀では特に、しきたりやマナーが求められますよね。

男性の着用すべき服はダークやブラックで光沢の無いスーツに中は白い無地のものを着用するのが一般的です。和装は正喪服になるため喪主などの故人様のご家族になります。

女性の場合、ワンピースやアンサンブル、スーツ、どれも準喪服となります。肌の露出が少ないものを選び、また、スカートの場合は黒のストッキングを着用しましょう。

他にアクセサリーなどはあまり派手にならないようにし、女性の場合は香水は避けるようにしましょう。

葬儀とは日常生活とは全く異なる場です。通常問題のない服装、マナーのまま参列してしまうと常識知らずと判断され恥をかくばかりか故人に対しても失礼に当たります。葬儀に参列したことのない方、マナー等に不安を感じる方は葬儀社に確認、相談し対応するようにしましょう。このような場合、小さな葬儀にも対応している葬儀社の方が細かく親切に教えてくれるケースが多いです。

いざというときに困らないよう調べるなり聞くなり前もって準備をしておくことが何事も重要です。

Posted in 未分類

リフォームの一括見積もりサイトの落とし穴

コメントは受け付けていません。

1月 28th, 2017 Posted 5:40 PM

屋根、外壁、お住まいをリフォームする時にネットで検索すると、「複数の業者から一括で見積もりが取れる」サイトが表示されることがあります。そのサイトを訪問してみると、お問い合わせフォームにメールや住所、お住まいの大きさと希望する工事内容を記入し、送信すると複数の業者からご提案書とお見積もりが送られてくるそうです。こういったサイトは利用しても大丈夫なのでしょうか。

こういったサイトを利用したことがある方にお話を聞いてみますと、「お電話は滅多にいたしません」と掲載されているのに必ず、電話がかかってくるそうです。最初にお問い合わせした時に1回、季節の変わり目ごとに1回としつこくかかってくるわけではないのですが、確実に電話はかかってきます。しかも、「お電話は滅多にいたしません」と掲載されているのに周囲では何人もの人が問い合わせをしてくれたお客様に電話をしている様子が受話器越しに伝わってくるそうです(笑)。もう、これだけで信用できませんよね。

3年ぶりの異変、2015年7月住まい購入意識調査

コメントは受け付けていません。

10月 1st, 2015 Posted 2:16 PM



今マンションは買い時か、他の人はどう考えているか、気になるところでしょう。野村不動産アーバンネット『ノムコム』が実施した「住宅購入に関する意識調査」をもとに、住宅購入希望者のホンネを探ってみましょう。